Top >  お礼状:退職時 >  お礼状の例文と書き方:退職時におけるお礼状の書き方

お礼状の例文と書き方:退職時におけるお礼状の書き方

退職する際に、会社に提出するお礼状の例文と書き方を紹介したいと思います。


会社の退職・入社にあわせて、まずは時候の挨拶を盛り込みましょう。
自身の今までの職歴や、退職した月日・エピソードを伝え、
お世話になった上司へのお礼や、今後、新しい就職先等での
自分の一新した気持ちと抱負を伝える様にしましょう。

会社での生活は長いものとなりますが、あまり長くならず、
要点だけをつまんでお伝えしましょう。

また、出すタイミングですが、退職してから3ヵ月後以内に出すのが礼儀です。


◆お礼状の例文1

拝啓 冬寒の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、この度は私の退職に当たりましてご芳志を頂戴致しまして、
誠にありがとうございます。

これからは、妻とのんびり旅行に行ったり、
趣味の絵画に力をいれて取り組みたいと考えております。

在職中は人からならぬご厚情を賜り、心より感謝致しております。
今後とも末永くお付き合い下さいます様お願い申し上げます。

敬具



◆お礼状の例文2

拝啓 冬寒が厳しい毎日が続いておりますが皆さまにおかれましては
益々のご健勝の事と心よりお慶び申し上げます。

さて、私は去る9月30日をもちまして40年間勤めました○○食品会社を
定年退職いたしました。

在職中は自分なりにおいしいワインづくりに努め、特にフランス人技師と何日も
徹夜で取り組んだテーブルワインの素材の立ち上げは、言葉の壁を越えて
心が熱くなる忘れられない思い出となりました。

皆様には一方ならぬ お世話になり、厚く御礼申し上げます。

これからは、妻と二人で美味しいチーズを求めてイタリア旅行が出来る様、
まずはイタリア語の勉強を始めてみようかと思っています。
今後とも変わらぬご交誼の程よろしくお願い申し上げます。


その他退職,例文,職歴,エピソード,抱負の情報

お礼状はお歳暮、お年賀両方で出しましょう
お礼状の季節がやってきましたね。
今は正月もあけて、一番お礼状の書き方等を調べている人がいるのでは??

お礼状の例文と書き方:お見舞いをいただいた人への礼状
礼状の例文と書き方でポピュラーなのは、病気等で入院していた際に、
お見舞いを頂いた人へのお返しの意味をこめる際の礼状です。

お礼状の例文と書き方:入学祝いを頂いた際の例文は??
お礼状の例文と書き方で、意外と悩む事例が入学祝いを頂いた時です。
このケースは、礼状を出すタイミングを早めにする事がポイントになります。

お礼状の例文と書き方:出産祝いを頂いた時の丁寧な礼状とは
お礼状で、出産祝いの返事を記載する時は、多少なりとも緊張すると思います。
入学祝のお礼状でも言える事ですが、品物をもらった場合は、
早めにお礼状を記載することが重要です。

お礼状の例文と書き方:お悔やみや葬祭礼状を頂いた際の礼状
会葬礼状を頂いた際・お悔やみの言葉を頂いた際の礼状の書き方と例文。

お礼状の例文とその書き方:結婚祝いを頂いた時の礼状
結婚祝いを頂いた時のお礼状の書き方とその例文をご紹介します。

お礼状の例文と書き方:お歳暮やお中元を頂いた時の例文
お礼状の例文で、あまり書く機会がないのが、お中元とお歳暮の例文です。
品物を頂いた際、なるべく早く出すのが礼儀ともなっています。

お礼状の例文と書き方:文頭に時候の挨拶を添えましょう!
お礼状には、必ず文頭に季節の言葉が入ってきます。
時候の挨拶と呼ばれるもので、季節感を演じるために必要です。

お礼状の例文と書き方:秋冬の時候の挨拶を書き添えましょう!
お礼状と時候の挨拶は切っても切れない関係です。
例文と書き方をお伝えします。


お礼状:退職時

退職をする時に提出するお礼状の書き方・例文集の一覧

関連エントリー

お礼状の例文と書き方:退職時におけるお礼状の書き方