Top >  お礼状:時候の挨拶 >  お礼状の例文と書き方:秋冬の時候の挨拶を書き添えましょう!

お礼状の例文と書き方:秋冬の時候の挨拶を書き添えましょう!

お礼状と時候の挨拶は切っても切れない関係です。
例文と書き方をお伝えします。


時候の挨拶の後は、どんな言葉を使用すればよいか??
という質問がよく聞かれますが、相手の安否を気遣ったりすると、
イメージがアップし、好印象です。


【7月[文月]】

炎暑、猛暑、真夏、盛夏、向暑、酷暑、大暑、
上記2文字の時候の挨拶には、「~の候」と加えると好印象です。

爽快な夏、楽しい夏休み、連日厳しい暑さ、炎暑のみぎり、草木も生気を失い、
海山の恋しい季節、日々暑さ厳しき折から、涼風肌に心地よく、
土用の入りとなり、一雨欲しいこのごろ、近年にない暑さが続き、、、等。



【8月[葉月]】

新涼、残暑、初秋、晩夏、秋暑、立秋、残炎、
上記2文字の時候の挨拶には、「~の候」と書き加えると好印象です。

朝夕涼味を覚えるころ、立秋とは名ばかりの暑さ続き、残暑なお厳しい折柄、
残暑厳しき折から、土用あけの暑さは厳しく、秋にはまだ遠く、秋立つとはいえ、
夜空に秋の気配を感じるころ、虫の声に秋も近づいた事を感じる昨今、など。

尚、8月は立秋の前日までは、夏というカテゴリに入ります。
つまり、立秋前に、残暑や初秋といった秋を思わせる表現を使用してしまうと、
少しマナーとは離れてしまいますので、避けましょう。

暑中見舞いにおいても、立秋を過ぎてしまった場合は、
あくまでも残暑見舞いとして礼状を出しましょう。




【9月[長月]】

秋分、新秋、初秋、爽秋、秋涼、清涼、秋色、野分、涼風、
上記2文字の時候の挨拶においては、「~の候」と追記すると良いでしょう。

残暑去り難く、爽やかな季節を迎え、秋の気配が次第に濃くなって、
虫の音美しい、野山もにわかに秋色をおび、新秋快適のみぎり、
朝夕日毎に涼しくなり、朝夕はめっきり涼しく、スポーツの秋を迎え、、、等


【10月[神無月]】

錦秋、爽秋、秋涼、中秋、仲秋、秋冷、紅葉、菊花、秋晴れ、秋雨、
これら2文字の時候の挨拶には、「~の候」と追記致しましょう。

日増しに秋も深まり、木々の梢も色づいて、天高く馬肥ゆるの候、
秋気肌にしみ、スポーツの秋、味覚の秋、さわやかな好季節、秋涼爽快の候、
さわやかな秋晴れの続く、夜長の頃となり、実りの秋となり、、、等。



【11月[霜月]】

立冬、晩秋、深秋、季秋、暮秋、季秋、落葉、向寒、初冬、初霜、
上記2文字の時候の挨拶には、「~の候」と書き添えると良しです。

夜寒の折柄、吐く息も白くなり、菊薫る候、朝夕一際冷え込むころ、
秋気いよいよ深く、冷気日ごとに加わり、鮮やかな紅葉の候となり、
秋も一段と深まり、小春日和の今日此頃、冷雨が降り続く、、、等。




【12月[師走]】

師走、明冷、歳末、寒冷、歳晩、寒気厳しき折柄、初冬、、、等。
上記2文字の時候の挨拶には、「~の候」と書き添えると良いでしょう。

慌しい師走となり、めっきり寒くなり、師走に入って一段と寒く、
歳末何かとご多端の折柄、年の瀬もいよいよ押し詰まり、
今年もいよいよ押し詰まり、木枯らし吹きすさぶころ、
年末御多忙の折から、歳末多事多端、、、等。


スポンサードリンク

その他月,礼状,季節,冬,秋の情報

お礼状はお歳暮、お年賀両方で出しましょう
お礼状の季節がやってきましたね。
今は正月もあけて、一番お礼状の書き方等を調べている人がいるのでは??

お礼状の例文と書き方:お見舞いをいただいた人への礼状
礼状の例文と書き方でポピュラーなのは、病気等で入院していた際に、
お見舞いを頂いた人へのお返しの意味をこめる際の礼状です。

お礼状の例文と書き方:退職時におけるお礼状の書き方
退職する際に、会社に提出するお礼状の例文と書き方を紹介したいと思います。

お礼状の例文と書き方:入学祝いを頂いた際の例文は??
お礼状の例文と書き方で、意外と悩む事例が入学祝いを頂いた時です。
このケースは、礼状を出すタイミングを早めにする事がポイントになります。

お礼状の例文と書き方:出産祝いを頂いた時の丁寧な礼状とは
お礼状で、出産祝いの返事を記載する時は、多少なりとも緊張すると思います。
入学祝のお礼状でも言える事ですが、品物をもらった場合は、
早めにお礼状を記載することが重要です。

お礼状の例文と書き方:お悔やみや葬祭礼状を頂いた際の礼状
会葬礼状を頂いた際・お悔やみの言葉を頂いた際の礼状の書き方と例文。

お礼状の例文とその書き方:結婚祝いを頂いた時の礼状
結婚祝いを頂いた時のお礼状の書き方とその例文をご紹介します。

お礼状の例文と書き方:お歳暮やお中元を頂いた時の例文
お礼状の例文で、あまり書く機会がないのが、お中元とお歳暮の例文です。
品物を頂いた際、なるべく早く出すのが礼儀ともなっています。

お礼状の例文と書き方:文頭に時候の挨拶を添えましょう!
お礼状には、必ず文頭に季節の言葉が入ってきます。
時候の挨拶と呼ばれるもので、季節感を演じるために必要です。


お礼状:時候の挨拶

時候の挨拶はお礼状には必須となります。【1月~12月】を取り揃えました。

関連エントリー

お礼状の例文と書き方:文頭に時候の挨拶を添えましょう!
お礼状の例文と書き方:秋冬の時候の挨拶を書き添えましょう!